Ubuntuデュアルブートでインストールすると、インストール中に致命的エラーが発生するときのソリューション

Ubuntuデュアルブートでインストールすると、インストール中に致命的エラーが発生するときのソリューション

満を持してリリースされたUbuntuの最新LTS、20.04!
早速試しにメインマシンに積んでたお古のHDDにインストールしてみたときのメモ。

教訓

発生した問題

OSマニアの私はいろんなOSをインストールしては消し、インストールしては消し、を繰り返している。
今回もいつものノリでさくっとインストールしてしまおうと考えLive USBを作成し、インストール実行!そして放置。

昼飯たべて戻ると、ブートローダーのインストールで「これは致命的なエラーです」とやらが表示されている!
キャプチャしてなくて伝わりづらいかもしれないが、インストールの最後の最後で行われるブートローダーの設定でこけてしまったようだ。

焦ったこと

  • WindowsはNVMEのSSDにインストールしている
  • 冒頭の通り、Ubuntu20.04はお古のHDDにインストールしようとした
  • 致命的なエラー内容は/dev/nvme0で発生。名前的にNVMEで何か起きてる・・Windowsもぶっ壊したか?!!
    • 結果からいうとWindowsは壊れていなかった・・ひと安心。

調査結果

BIOSで指定するLive USBの起動の仕方で、インストール方法が変わるようだった。自称OSマニアと言っておきながら、全然知らなかった。Live USB固有の話なのか?

UEFIモードでLive USBを起動して再インストールするとエラーなくインストールできることを確認できた。
HDDへのインストールは完了できていて、ブートローダーだけの問題なので、玄人であればgrub-rescueやらでうまいこと設定できるのかもしれない。